臨床獣医学講座 産業動物内科学

スタッフ

教授:帆保 誠二(ほぼ せいじ)

略歴

 平成元年3月 鹿児島大学 大学院 農学研究科 修士課程(獣医学専攻)修了
 平成元年4月〜平成23年12月 JRA 日本中央競馬会 勤務
 平成24年1月〜 鹿児島大学 勤務

専門分野

 呼吸器病学,臨床細菌学

 JRAにおいて,競走馬の呼吸器疾患を中心に臨床や研究に携わってきました。
 特に,気管支肺胞洗浄法を競走馬の肺炎の診断や治療に臨床応用しました。その結果,肺炎を発症した競走馬の治癒率や競走復帰率が著しく向上しました。
 また,気管支肺胞洗浄液から分離される肺表面活性物質(肺サーファクタント)に関する研究に行ってきました。その結果,診断が難しい競走馬の肺炎を,血液を用いて診断することが可能となり,肺炎の程度も把握出来るようになりました。
 その他,血清アミロイドA(SAA)をはじめとしたバイオマーカーの開発,臨床応用を行い,客観的な指標を競走馬臨床に導入しました。
 今後は,競走馬の臨床や研究で得られた知見を,牛をはじめとした産業動物に応用していく予定です。

連絡先

e-mail: k2088185★kadai.jp(★を@に変えて下さい)

先生から一言

子馬の顔4
顔

23年間にわたり競走馬に携わってきましたので,馬面気味になってきました
どちらが私かわかりますか?

助教:石川 真悟(いしかわ しんご)

略歴

平成24年3月 北里大学 獣医畜産学部 獣医学科 卒業
平成24年4月 日本獣医生命科学大学大学院 獣医生命科学研究科 獣医学専攻 博士課程 入学
平成27年3月 日本獣医生命科学大学大学院 獣医生命科学研究科 獣医学専攻 博士課程 中退
平成24年4月  鹿児島大学

専門分野

 代謝内分泌学,動物免疫学

連絡先

e-mail:k1737716★kadai.jp(★を@に変えて下さい)
電話番号:099-285-3542

先生から一言

 大学時代は産業動物、大学院時代は伴侶動物の臨床に関わりながら、動物種は違っても一貫して病気の「予防」のための研究を栄養や免疫の観点から行ってきました。
 動物にとっての最良の医療行為とは、「予防獣医学」だと私は考えており、そのための研究を、臨床と基礎を繋げる「トランスレーショナルリサーチ」を実践しながら行っていきます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional